男の性欲はどう発散する

(14禁)こどもたちはかえってください。こどものときからこのぺーじでこうふんすると、へんたいになります。
(但し中学2年からはこのページで衝動に備えておくこと)

具体的なことについては、他のサイトの方に詳しい。
ここで問題にするのは、どう性欲に向き合い、堕落を防ぐかである。

緊急の場合は 相手が鼻水をすする、その鼻水やはなくそを見ちゃったのを妄想すると、
すぐに萎えてしまう。

率直に言うと、心ではなく、体の方がムラムラする場合が多いはずだ。
体がムラムラしたらしょうがないから心が付き添ってやるということのみにする。
心の方から先にエロサイト、エロ漫画を見るなど、気持ちよくなろうとすると、
心の方がエロくなりすぎてどうしようもなくなってゆく...変態、堕落。
体が先。

体の方は子供を増やすのも使命なので、体がムラムラしてもしょうがない
(まあ育てられない子供が出来てはしょうがないので、心が必死で抑えるべき時もあるにはある)

男の体力からいって性行為は一日一回程度が限界であろう。
どうしようもなければ2回目だが、3ヶ月に一回程度まで我慢はできるかも。
もしやりすぎると、やる気や体力がまったく出ない鬱の感じになり、栄養や『塩分』が不足する。
こうなったら最低2日程度は我慢しなくてはならないし、その後も数週間は控えめにする必要がある。

性行為は絶対にやってはいけないと思いすぎると、逆に煮えたぎる煩悩を押さえ込み、後で爆発する可能性がある。
少しえげつないことを隠れて少しずつする方が、リスクは少ない。
性行為は汚いものだとよくいわれるが、性行為をしたあと心がとてもきれいになった気分になると、一時的にだが本当にきれいになる。
我々は、タブーの感覚の裏に隠れてそうした行為の何らかの高度に霊的なベクトルを見失っている。
何しろ生命が宿ったりするのだから。
この力を体験したければ、我欲での性行為をやめることである。自分の気持ちよさを求めるような我欲での性行為はむしろ危ない。無心になってやれば、賢者状態になる。
またエロだけが人間ではない。エロだけが生物でもない。他に、大事なやるべきことがあるから生きている。

私は童貞で知らないことが多いので、よくその道のサイト(実はスピリチュアリズムでも言及あり)で言われていることをまとめると、
自慰をなるべく控え、
漫画やAVで描かれるような汚い行為や態度を止め、テクニックより先によく愛し合うことだそうだ。
汚い気分や態度で行うと、汚れた魂が胎内に入ることさえあるのだそうだ。
それから、たがいの霊的成長のための行為が一番いいのだそうだ。

自慰を一回でやめる方法(Beta)
行ったあと、ねたままロシアの武術、システマの呼吸法を行う。
簡単に言うと鼻から息を吸い口を細めて口から吐く。
体や心臓が楽になったまま何故か快感が数十分続き、
満足してしまうはずだ。
そのあと、何故か心が成長している。

陰部を洗浄する
とくに仮性の人は陰部を洗浄することで、感染症のリスクをへらし、かゆみを抑え、
免疫が楽になることにより元気になり、興奮を減らすことができる。
たまに陰部が痛いのなら尚更するべきである。むしろ病院である。
むいてシャワーである。包皮を持ち上げ、中にシャワーを突っ込む。もちろん、綺麗なお湯ですること。

あと、子供が出来てしまったら、子供の方はこの親なら育てられると思って生まれているとおもわれるので、
なにか養育費をかせぐ、もらう道を探そう。
少子化が問題なので役場で何か援助があるかもしれない。
10年ほど前、養子縁組したいがなかなか親が現れないという人が多いというニュースがあったが、あの後はどうなったのだろうか。
また経済的理由でこどもを預けるのを選ぶより、大事に育てられる自信があるかで選択するべき。

  • 最終更新:2017-05-23 21:40:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード