心配性を治すには(スタブ)

あまりお勧めできないこと

心配性は、悪い考えを防いでプラス思考を増やせばいいとそれをやろうとするのが
一般的だが、
むしろ一般的過ぎてそれができない場合に本当に心配性になる。
だから、無理してマイナス思考をプラス思考に変えるのはおすすめできない。

引き寄せの法則

もし、知性で心配になっていたら、
『引き寄せの法則』で解決。
運命は、偶然ではなく何か自分の心に引き寄せられてくるというもの。
自分の近くにあるもの、人は、どこか自分に似ているのだ。
科学的ではないようだが(量子学で似たような結論になる?)
名前を知らなくても経験的に知っている人もいると思う。
これで検索しても自己啓発の妙なサイトに当たるので
本を読みましょう

これは、そのまま飲み込んでもいいし

えーと自分の負のエネルギーを押し込めることをせずに自分の精神症が治った気分になる
精神症が治った状態を「エミュレート」する。
へたくそでいい。
これをやってゆくうちに
本当に心配性が治ってゆく引き寄せの法則。
(普通治ったと信じこむやり方を考えるだろうが、難しすぎる。)

心配性を受け入れる

心配性の苦しみは心配性になったことのある人しかわからない。
無理して治そうとすると悪化するかもしれない。
を読んで実践したり、
もっと単純には、
いろんなサイトにでている
「心配なことや心配であることを受け入れてしまう」こともできる。
下の「ユングは言った。」も見てみよう。

森田療法

森田療法といって心配になることをやってしまう方法もある。
宇宙はそんなにやわではないらしい。
これは検索すると詳しくわかる。

霊体質

本当に、その気持ち、自分からきているのかよーく感じよう。
あれ?
なんか憑き物から注入されていた? この現象は、霊を認めない心理学でも、確認されていると思う。
憑き物と話したり戦わないで、逃げる。
注入プロセスを解析して心の弱い部分を突き止める。

思い込み

ユングは言った。

ユングはいった。
 「善であるよりも、欠けることない自分でいなさい」と。
 不完全で未熟な部分もふくめて、かけがえのない「自分らしさ」だ。

心理セラピストに教わった「心の急所」を減らす技術 ― 心のシャドウとは何か? にこれが書いてある。完璧を演じすぎて、悪を隠してしまうと、後で暴発する。

同じサイトの
5番目と6番目の方法も、必見である。

武術の呼吸を使う

これは本の宣伝のページだが、そこに載っている、基礎の呼吸法だけでかなりの効果が見られたので、
紹介しておく。
ソビエトの武術 システマの基本所作らしい。
「基礎の呼吸法は、『鼻から息を吸い、軽くすぼめて口から息を吐く』だけです。きわめて簡単ですが、呼吸はいつの間に止まったり、浅くなってしまったりしています。呼吸が乱れたらすぐに回復するよう心がけるだけで、精神と体に大きな違いが生まれるのです」

そのほか

その他の方法はいろいろあるが
心の中のとらわれから自由になるようにゆっくり自分をリラックスさせる方法もある
この時心配を治そうとしないこと。そのとらわれからも開放されることが重要
脳の中のプログラムが全部動いていない状態に持っていく 完璧には無理だけど大体収まる。
には、こころが侮辱を受けることによって脳が常に心配性を見つけ出そうとするようになってしまうとある。
心配性を見つけ出さないと不安になる状態になっているので、
その必要はないと言い聞かせることができる。
上記のサイトにも対策法がある。
つまり、そう心配性は、本能の表れなのだ。
同じサイトには、完璧主義者が心配性の人に多いというページもある。
どうそれを直すかよりつらい心配性になってしまうならもはや完璧であるべき理由は破綻する。

また、どこかのサイトには
神経症は無意識が処理すべきところを意識にまわされているので、
意識が処理できないとある。
コンピュータのような左脳とアナログの右脳とバランスを保ってやる。

あ、いまGoogleで多分トップあたりに出ているサイトを見るのもいい。
うちのより強力だったりする。

K.I.S.S リリーシング


なんだこれは。
ちょっと意外すぎるが、
効果がありそうだ。

緊急時の対策

(この記事は未完成です。効果、副作用は書いた人しか確認していません。注意)
(だいぶスピリチュアルが入っています)
仏性に導かれて人生を好転するを読んで、良心の奥にある仏性の言うとおりに精神を直してください。

  • 最終更新:2014-05-20 12:24:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード