パイオニアたる人物の運命

パイオニアというのは先駆者のことで
すなわち
大発明など未来を創りだしてゆく人の事だ。

発明家で説明しよう。
本当のパイオニアというのはあまり恵まれなかったりするものだ。
みんながその発明の価値を本当に知らないがゆえに
あまり注目されずに資金も得られずに
一生を終えてゆく人さえいるんだ。

そうして、死んだあと、世の中がその技術を必要とし始めて
だれか実業家が使って大成功するんだ。
そう、いまならスティーブ・ジョブスだ。
えっと思うかもしれないけれど
マウスを使った最初のパソコンは(LisaとかMacintosh)
XEROXがコンピュータ分野進出を諦め捨てた技術を使って成功したんだ。

パイオニアというのはとっても勇気のある人だと思う。
金も名誉にも目をくれずただ自分の使命を果たしてゆくんだ。

研究というのはとってもお金がかかるが
どの研究が世の中に出るかはわからない。
実用化される研究はわずかしかないらしい。
諦めてしまう人もいるだろう。

パイオニアになるというのはとっても厳しい道なのだ。

  • 最終更新:2014-05-04 12:45:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード