オカルト入門

オカルトと聞いて何が思い浮かぶだろうか?
物理法則を捻じ曲げる魔法使いか?
運を良くし、金を儲け、幸せになる方法か?
創造主たる神と 破壊を行う悪魔の戦いだろうか?
それとも 金をせびるカルト宗教だろうか?

科学では説明のつかないことがまだまだある

Wikipediaで「未解決問題」を検索しよう。
科学や学問では説明のつかないことは意外にも身近にある。
  1. 音楽という音階の羅列でなぜ喜怒哀楽の感情が生まれるか
  2. 他人の心、つまり他我をいかに認識し、理解できるのか
  3. なぜ電気化学反応の脳回路ネットワークが一つの意識を形成するのか
  4. 超常現象を報告者の捏造や妄想だと決めつけてかかる。そうでなかったらどうするべきか。科学は説明のつかないことの研究から始まったはずだ。
  5. 心と体の関係は何なのか。
  6. 自分で他人に関係なく思い、考える、自由意志の明確な説明。むしろそれがあるのかないのか。
更に加えると、科学ですらサイコロをふるような確率でしか考えられないこともある。実はそっちが物質の本当の姿、量子力学なのだ。
さらに、歴史や言語にもわかっていないことが多い。

科学では説明のつかないこと、その答え

オカルトの分野に足を踏みいれると、それらのことの説明がある。
人間はみんな神から分かれ出たものであると、命があり、心があり、ロボットなどではない、ロボットよりさらに自分で考え動けること、
また幽体離脱により、世界や宇宙を、霊界を、直接心が見に行くことができる。
会社経営や人間関係も、科学よりオカルトのほうがやり方がわかる。つまり自己啓発本の世界である。

オカルトにも反論がある。だが・・・

オカルトで語られている真実。それを証明するのは、非常に難しい。
ぜんぜんいまだ証明がつかない、結論部分を先にわかってしまうので、理由を説明するのが非常に難しい。とにかく直感で結論がわかってしまう。
しかし、人間とはオカルトに片足突っ込んでいるのである。
「命」「心」「愛」 これらはオカルトの用語と捉えられる。それが何なのか詳しく説明がつかないのに、正しい使い方が人間にはできる。
全然、人の心などわからんと自分でいう人が、人と仲良くしたり、いじめのターゲットをたやすく見つける。
また上記の科学では説明のつかないことが自分自身のことであったりするのに、人間はときにあんまり気にしないで生きて行けるのである。
また、物理法則を捻じ曲げるとか、0%と100%を入れ替えるより 定まっていないものを決めることのほうが念力は通じやすいのである。
事実サイコロをふるように振る舞う電子の動きから念力で動かす機械を作っている、「Psyleron」という研究所がある。
ここのSyncTXTなら想いを英文に起こしてくれるらしい。
この手の研究は他の科学と違い元データのサンプルを増やすほど実証できなくなるので、数学が使えない。
科学では説明のつかないことになればなるほどオカルトの知識は効いてくるのである。

どのオカルトの知識を選ぶか

これは難しく、正しいことが書いてあると確信して(事実大体正しい) 同じ著者の本を読み、その人の宗教に入り、つかれるまで働かされ大金をお布施に回すようにされるカルト宗教もあるのである。
本物はお金をせびることはないはずである。
また、各地の宗教で歴史や真理の説明に食い違いがある。真実は一つであるのになぜそうなるのか。実は比較宗教学という学問では異教の神が取り込まれるのはよくあることであり、根っこは同じか似ているのである。
組織宗教は相手にされなくなり、論破される。これからの時代、自分で真実を選び取ることが重要なのだ。
まずは「シルバーバーチ」と「魂の法則」がいいと思われる。

おまえは何を言っているんだ

私はオカルトを信じてほしいわけではない。
揺さぶりをかけただけである。
この世界、自分自身、まずわからないということをまずわかってほしい。

  • 最終更新:2017-05-23 21:31:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード