さらにもう一つの無欲になる方法?

今までの無欲になる方法は、
伝統宗教の禁欲と、
大金持ちなどの遊びつくして飽きる方法があった。
前者は煩悩を抑圧し、あとで爆発する恐れがある。
後者は煩悩をさらに大きくし、煩悩の地獄に落ちる危険がある。

新しい方法の欠点は、退屈になることと、意外すぎるということである。

私の小さいころは…
人間、生まれたころとか、小さいころは探究心以外の興味は薄い。
しかし、物事が分かってくると、退屈してくる。
退屈が嫌で、皆趣味をもっているのが分かると、
自分の心に暗示をかけて、趣味を作り出す。わざとだ。
だが自然にできた趣味ではなく、
往々にして自分はこれが好きなんだという確信、その実体は暗示の強化をする。
しかしそんな趣味から煩悩が燃え広がり、悩みの境地、欲の境地に落ちる。

自分の好きなこと、嫌いなことについて、暗示をかけ思い込んでいるパターンがあるが、
それを見破り、退屈に戻ることで、無欲になる。

  • 最終更新:2015-04-09 20:42:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード